ホーム > 報・動・力

報・動・力

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2017年10月21日(土)あさ9時30分~放送予定
再放送:10月23日(月)深夜1時55分~放送予定

第55回「農業ニューウエーブ 食と農を結ぶ挑戦」

果物大国と言われている岡山。
マスカットや白桃は全国の市場や百貨店で高値がついています。
しかし、岡山でも農家の高齢化や継承の壁は高く
作付け面積も減っているのが現状です。
今回は岡山のブランド力を生かし、新しい風を吹かせたい!と
熱い思いでマーケットを広げている「おいしい」商品開発を紹介します。

ワインのためのブドウ作りにこだわった「岡山県産ワイン」
高値ではない桃やブドウにスポットをあてた独自の「コラーゲンゼリー」
有名産地ではない「岡山県産茶」の生き残りをかけた戦略。
そして町おこしのために始まった「リンゴ」栽培の再生にかける若者。

「食と農」を結びつける新しい試みから 農業の未来を探ります。

<出演>
多賀公人
辻紗樹(KSBアナウンサー)
domaine tetta 高橋竜太さん
果実工房 平野幸司さん
引両紋 青山雅史さん
農業ジャーナリスト 青山浩子さん
元佐伯観光りんご園担当 若旅啓太さん

※10月から放送時間が、土曜日のあさ9時30分に変更します。

前回のテーマ

2017年9月16日放送

第54回「高松空港の民営化 成功のカギは」

来年4月、高松空港が国管理の空港として2例目の「民営化」を迎える。
民営化により、新たな路線の誘致や空港ビルの利便性向上などに期待がかかる。

しかし、そもそも「空港の民営化」とは何なのか知られていないのではないか。
番組では、すでに民営化している仙台空港の事例から学ぶとともに、
高松空港民営化の優先交渉権者となった三菱地所の事業計画を紹介。

専門家の意見を交えながら
「高松空港民営化を最大限に生かす方法」
を考える。

<出演>
多賀公人
慶応大学 加藤一誠 教授
香川大学 西成典久 准教授
香川県観光協会 三矢昌洋 会長
ほか

報・動・力バックナンバー