ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

特許庁も認めた“うどん入りクレープ” うどん県で「ひっそりと売れています」 高松市

01月30日 18:15

 香川のソウルフード「うどん」。高松市のあるお店が、そのうどんを「クレープ」に包んだ商品を販売し、ちょっとした話題になっています。

 「うどん入りのクレープ」を販売しているのは高松市上天神町のドン・キホーテ内にある「アニーズクレープ高松店」です。

(記者)
「ありました、こちらですね、肉うどんクレープ。当店のうどんは箸を使わずに食べられます、と書いてあります」

 「肉うどんクレープ」の価格は1個510円です。

(記者)
「それではいただきます。お~、クレープの中にちゃんと、うどんのモチモチとした食感を感じます。お肉は甘辛い味付けで食べ応えもあって、とっても美味しいです」

 中には、うどんや肉のほか、スクランブルエッグやレタスが入っています。麺には、しっかりと甘辛い味がついていて、まさに「手で持って食べられる肉うどん」です。

(アニーズクレープ 代表/香川友尚さん)
「ひっそりと売れています、クレープにうどんってだけで皆さん拒絶反応を起こすんですけども、知っている方は真っ先に注文されますね」

 この商品、「うどん入りクレープ」として、特許庁の実用新案に登録されています。“地球上でここでしか食べられないクレープ”はたっぷりの「うどん愛」を包んでいました。

(アニーズクレープ 代表/香川友尚さん)
「県外の方は特に『なんじゃこら』っていう、『何でもありか』っていうふうに言われるんですけども、とにかく1回食べてみてください。裏切ることはありません」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】新型コロナに負けない!武将の子孫が「戦国まつり」開催へ準備 香川

2020年05月22日 18:50

 戦国武将の子孫の男性が進めている「戦国祭り」。2019年に香川で初めて開かれ、今年はその輪を県内外に広めようと、春から夏に様々なイベントを予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で相次いで中止になりました。そんな中、新しい方法で甲冑作りの講座を始めるなど未来を見据えた取り組みが始まりました。

 坂出市教育委員会では、お家で作る甲冑講座の参加者を現在も募集しています。
〈問い合わせ〉0877-44-5036(坂出市教委文化振興課 担当:十河)

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション