ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

伝えた「すごさ」と「楽しさ」 障害者と高校球児が初の野球教室を開催 岡山・和気町

02月17日 18:15

 16日、岡山県和気町でちょっと変わった野球教室が開かれました。小学生を指導したのは「高校球児」と「障害者」です。

 野球教室には地元の小学6年生20人が参加しました。
 指導するのは、和気閑谷(わけしずたに)高校の野球部員と障害者野球チーム「岡山桃太郎」のメンバーです。
 和気閑谷高校と岡山桃太郎は、2019年秋から合同練習などを通じて交流していました。

(和気閑谷高校 野球部/浮田圭一郎 監督)
「ハンディを感じさせないプレーであったり、一生懸命プレーする姿。野球の素晴らしさ、楽しさを、一緒に伝えていけるんじゃないかと思いまして、こういう野球教室を行うことになりました」

 野球教室では、岡山桃太郎のエースで、2018年の世界大会でMVPに輝いた早嶋健太選手が小学生と勝負しました。
 早嶋選手は、生まれつき左手首から先がありません。

(早嶋選手と勝負した小学生はー)
「(Q.どうだった?)めっちゃ速い、当たらないです。やばい」

 このほかにも、岡山桃太郎のメンバーは小学生と一緒にノックを受けたり、お手本としてバッティングを披露したりしました。

(参加した小学生はー)
「障害者だけど、全然違和感なくてびっくりしました」
「手がなかったら野球はできにくいけど、それでも一生懸命頑張っていてすごいと思いました」

 野球教室の最後、早嶋選手が小学生に呼びかけました。

(岡山桃太郎/早嶋健太 選手)
「僕らはみんなと違って障害を、一人一人違う障害を持っているけど、みんなと同じように野球が好きでこうやって続けてこられています。野球が好きだったという思いを忘れないで頑張っていってください」

 和気閑谷高校と岡山桃太郎は今後も連携して、野球教室などの活動を行っていく予定です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】〈新型コロナ〉立ち会い出産を中止などの不安も 妊婦を取り巻く現状と課題 岡山

2020年05月28日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で出産を控える妊婦が不安を抱えています。
 岡山県では、ほとんどの分娩施設が立ち会い出産を中止にしました。 こうした中、 妊婦に寄り添い、 希望をかなえようという病院もあります。 妊婦を取り巻く現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション