ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

讃岐うどんの人気店「さか枝」一時休業へ 大将と女将が高齢で引退…最後の一日に密着 高松市

05月31日 18:15

 高松市中心部のサラリーマンがしばらくの間、昼食に困るかもしれません。香川県を代表するうどん店「さか枝」が31日で一時休業に入りました。秋のリニューアルオープンを目指しています。休業前、最後の1日に密着しました。

 午前4時半。高松市番町にある、言わずとしれた人気うどん店「さか枝」。県内のうどん店の中でも特に早い午前5時に営業を始めます。早朝から行われる仕込みを、これまで40年以上、続けてきました。

(さか枝 大将/坂枝良弘さん)
「そりゃもう、うれしさと寂しさで混合しとるかな」

(さか枝 女将/坂枝静江さん)
「あぁ、あすからこれせんでもええんかなって思ったら、寂しいなーとは思います」

 午前5時前、最初の客が…

(最初の客)
「いやもう最後やからね、混むかなって思って」
「眠いです…」

 「さか枝」は香川県庁や香川県警本部、香川大学の近くに店を構え、これまでに多くのサラリーマンや大学生のお腹を満たしてきました。しかしここ数年、店主の坂枝良弘さん(77)が高齢の影響もあって体調が思わしくなく、一時休業を決めました。

 そんな店主夫婦に、常連の方が花束を贈るサプライズも…。

(さか枝 女将/坂枝静江さん)
「ありがとう、どうもまぁ。また連絡ください。長いこと世話なってありがとうございました」

(記者)
「記者の私も高校生のころから、これまで15年近くお世話になりました。それではいただきます。この出汁の深い味わいと、もっちりとした麺。ずっと変わらない香川の味です」

 戦後、店主の良弘さんの両親が、現在の高松市扇町に「坂枝製麺所」を開業。昭和50年(1975年)には今の場所に「さか枝」をオープンし、セルフうどん店の先駆けとして営業を続けてきました。

 「ショウテン」…かけうどんの「小」と天ぷら1つを表すこの注文方法も、さか枝ならでは…。

 最終日の31日も、お昼時になると思い出の味を惜しむように長蛇の列ができました。

(お店に食べに来た人はー)
「きょうは最後で、長年ご苦労さんいうて」
「県外から転任してきたので、こんなにおいしくてこんなに安いのかって、ほんとびっくりしてます」
「いややっぱり寂しいですよね。心のふるさとみたいなところがあるので」
「(Q.うどん食べたいなってなったときにここがなくなる?)そうやね、どうしようかね…」

 そして最後の客を送り出すー
(最後の客)
「ごちそうさまでした」

 「さか枝」は、6月1日から一旦休業して内装などのリニューアル工事に入り、秋ごろの再オープンを目指します。息子の繁さんが、後を継ぐ予定です。

(さか枝 次期大将/坂枝繁さん)
「基本的には中のお店のスタイルは変えないと思ってます。できる限り秋と言えど、早めに(再開)できたらいいかなと思ってます。(Q.うどんの味はこのまま?)そうです、もちろんです」

お店には多くの花束がー

(さか枝 女将/坂枝静江さん)
「65か70の声を聞いてから、体が言うことを聞かなかったです。苦しい時もあったけど楽しい時も、お客さんが声かけてくれるのが一番楽しかった、仕事して良かったなと思います」

(さか枝 大将/坂枝良弘さん)
「お世話になりました、ありがとうございました、という言葉をいただいたことだけで胸がいっぱい。後継者がおるけど、僕が裏方さんになって指導します。もっともっと良い品物をお客さんに食べていただけるように指導します」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】激戦の参院選・香川選挙区 候補者を追う

2019年07月17日 18:50

 今回の特集は、7月21日投開票の参議院選挙、香川選挙区についてお伝えします。

 改選数1の香川選挙区に立候補しているのは、届け出順に無所属新人で野党統一候補の尾田美和子さん(46)、自民党現職で再選を目指す三宅伸吾さん(57)、政治団体、「NHKから国民を守る党」新人の田中邦明さん(46)です。田中さんはKSBの取材に応じていません。
 野党は全国32の1人区で候補者を一本化し、香川選挙区でも激しい選挙戦を繰り広げています。候補者を追いました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

7月18日(木) 10時00分更新

91%

使用量 880 万kw
ピーク時供給力 964 万kw

情報提供:中国電力

四国地方

7月18日(木) 10時00分更新

74%

使用量 398 万kw
ピーク時供給力 536 万kw

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション